HOME>特集>雨や紫外線による劣化を改善する方法と有効な素材

目次

塗装の種類

屋根は、住まいの中でも最も雨や紫外線の影響を受ける部分です。そのため、マイホームを建ててから10年を目安にリフォームを行うと快適な住まいを守ることができます。現在、屋根のリフォーム方法は様々あり、施工方法によって工程や費用には違いがあります。屋根の塗装だけを行った場合、工事費用を抑えることができ、短期間で美しさを取り戻すことが可能です。塗装の種類も数多くあり人気のアクリルやウレタンなどは、費用が安いのが特徴です。一方、シリコンやフッ素を使った塗装は費用は高額になりますが、耐久性が高く長持ちします。

耐久性と安全性を確保する

屋根のリフォーム方法として人気を集めているのがカバー工法です。現在の屋根をそのまま使用し、劣化した部分に新しい材料を被せていきます。カバー工法は費用を抑えることができるのもメリットです。金属やアスファルトなど様々な素材に対応することができ、遮熱性や遮音性を高められるのも嬉しい点です。この他にも茸き替え工事も耐久性の高いリフォーム方法として需要が高まっています。屋根だけでなく防水シートも同時に交換するため、地震対策につながり防災から住まいを守りたいという方にも最適な屋根のリフォーム方法といえるでしょう。

広告募集中